ギフトとしても喜ばれるもつ鍋!注文時の注意点は?

9074360492a38e72082422e44dc44f2f_s

お中元やお歳暮のグルメギフトというと一昔前まではやはりハムが代表格でしたが、最近では様々なものが贈られるようになりました。

そんな中でも一役買うのが「もつ鍋ギフト」です。

家族みんなで食べられたり、〆まで堪能出来る商品がたくさんありますので、かなり幅広いシーンで使うことが出来る人気ギフトアイテムです。

しかし、もつ鍋を贈る際にはいくつか注意も必要。

ここではそんなもつ鍋ギフトに関する注意点について詳しく見ていこうと思います。

贈り先の相手がもつが苦手じゃないか要確認!

2d935f9762a4943effc6675da80940e3_s

当たり前ですが贈答用のものですので、相手の好みをさりげなく確認しておくことが重要です。

最近でこそもつ鍋も市民権を得てきましたが、少しご年配の方になると馴染みがない方もいます。

そうした時に失礼がないように普段どういったものを食べているのか、もつ自体は大丈夫なのかなどをサラっとリサーチしておくのも大人としてのマナーのひとつですね。

「だいたい何人で食べるか」を把握して注文する

もつ鍋自体は好きだと分かっていざ贈ろうとなったときに、次に確認するのは相手方がそのギフトを一緒に囲むときの人数です。

もちろんおおよその予想になるとは思いますが、子供が3人いる家庭で両親含め5人なのに4人前のギフトを贈っても少し物足りなく感じてしまいますよね。

そういったことがないように、相手の家族構成やどういった環境で食べそうなのかを把握しておくことも重要ですね。

ちゃんぽんなどの〆もセットになってる?

最近のもつ鍋ギフトはきっちりと〆の麺類などもセットになっています。

自分が主張などで訪れたもつ鍋屋さんで美味しいと感じたものなどは、ある程度商品の品質も理解出来ているでしょうから贈答用にも最適。

その時にお店で〆として使われていた食材もセットになっているなら、さらに相手の満足度も高まると思いますのでそういった副食材が付いているかも選ぶポイントのひとつといえますね。

贈答用にお願いできる?

最近ではギフトラッピングもかなり進化していますので、もちろん贈答用にすることも可能です。

また、のし紙などを付けたいときはもつ鍋を含めたカタログギフトなんかも人気の高い商品となっていますのでご安心ください。

ただし、真空パックになっているとはいえ冷蔵商品も多く、生ものを取り扱うので到着予定日時などは事前に知らせておくと相手も助かるのではと思います。